俺のセクキャバブログ

セクキャバの攻略や楽しませてくれた嬢たちとの体験記

新規店の開拓方法③ 入店時のおすすめ 続き 

 
④店の方針や状況がうかがえる
 
いい店やいい嬢を見つけるには、細かな所までアンテナを張ることが大切である。
いい店・悪い店というのは必ずあって、店やり方は様々な所に現れ、フリー入場の際に見ることができるものも多い。
客を大事にするのかしないのか、店が強気なのかどうかなど、自分に合う店を見つけるためにはフリー入場の一連の流れは大変参考になるので、なんとなく入るのではなく常に店のチェックはしていこう。
 
さて、自分が店を評価するためフリー入場の際に意識しているのが
①好みのタイプを伝える
②延長の意思があることを伝える
③どんな嬢がつくか見る
の3点である。
 
①店によっては店員が聞いてくることもある。単純に好みのタイプを伝えると良い。体型、身長、髪の色などの見た目、雰囲気、サービスなどなんでも良くて、聞かれない場合はお金を渡すときや店のルールを伝えられたあとなどに、例えば「巨乳の子が好きなんで、いてたらつけてもらえたら嬉しいです。」というふうに、やんわりと伝えればいい。
店によっては「そういうのは聞いてないので」とか「わかりました!頑張ってみます!」など、色々な返答があり、そこで店のやる気や客を取ろうとしているかどうかを判断することができる。
 
②は割と重要なフレーズである。先に延長の意思があることを伝えておくことで、店側に自分をどう扱うかの選択を迫ることができる。「楽しませてくれるならお金落とすけど?」ということである。
ここでいい嬢をつけてくるなら客のことはある程度大事だと考えている店だろうし、「客はいくらでもいる」「客のくせに要求してくるんじゃねぇ」と思うような店なら適当に嬢をつけてくるだろう。
 
②の延長の意思を伝えることは①の好みを伝えるとの複合をすることが有効で、延長の意思と好みのタイプを伝えた上ならば、やる気のある店ならいい嬢をつけてくることが多い。
店を測るのに意識して良いポイントだ。
ただ、店の状況次第で人気嬢をつけることができないことももちろんあることも理解した上で判断するように。
それならそれで「指名しないとつかない人気の子がいるのだな」と捉えたらいい。
 
①と②は伝える順が前後することがあるが、問題ない。
伝える隙もある店とない店があるが、伝えることができる店のほうが遊びやすい傾向があると思っているので意識してみてほしい。
 
 
 
③どんな嬢がつくか見る
何度も書くが、フリー入場の場合は店にやる気があるかどうかが見えやすいと思っている。
適当に営業しているなら適当に嬢をつけるし、延長をさせようと思っているならちゃんと伝えた好みに当てはまる子をつけたり、人気嬢をつけたりする。
 
 
 
店の方針で各嬢がなるべく同じ回数だけフリーに回れるようにしているところも多いので、人気のない嬢もしっかり回ってくるが、からしたらフリーは新規客を獲得するチャンスだ。
人気嬢の中には「もうさばけないから、これ以上新規の指名はいらない。」とフリーになるべくつかない嬢もたまにいるが、本来フリーは嬢の頑張りどころの1つなのだ。
 
 
店によっては「次のコは人気のコなんで、店がちょうど空いた今のタイミングで指名してみてください。」なんて言ってきたりもする。
まぁ、それに関しては自分と店との関係性もあるかもしれないし、嬢に対する平等性の部分では賛否があると思うが、色々な事情もあるのだ。
ボーイが頑張って客をとってくれないと嬢も稼げないので、ある程度は店のやる気も必要なのだ。
 
 
経験上、延長を取るために最後につく嬢がおすすめの店も多い。
心理上、延長の際には隣にいい嬢が座っている方が指名しやすく、店側も「このコで指名してあげてください」とスムーズに交渉できるためだ。
 
 
非効率な理由も含まれるがフリーで入るメリットがわかってもらえただろうか。特に「ドキドキを楽しめる」なんていいおっさんが乙女みたいな表現を使うが、そう思っているのだから仕方がない。自分はフリーで入って「是非とも延長したい!」と思える瞬間が好きだ。
せっかくお金を使って遊んでいるのだから、色々なところで楽しんでいたいと思っても良いのではないだろうか
 
さて、ワンセットを一通り遊び終われば、いよいよ時間だ。
延長か退店かを決めよう。
相変わらず長くなったが、もう少しお付き合いいただきたい。